失敗しない霊園と葬式サーチ|今日から終活一年生

墓地

郊外の霊園

霊園

都内で墓地購入は限られた層ができる事と言えるでしょう。そのため中には都内から少し郊外の場所に購入を決める方もいます。交通アクセスさえ良ければ郊外であってもそれなりに魅力があります。

Read More

葬式のスタイル変化

今までの葬式のスタイル

お墓

日本は昔から冠婚葬祭を非常に大切にする民族でした。冠婚葬祭では多くの知人、友人、親族、身内が集まるので、ある種お祭りごとと捉える傾向にあったのです。娯楽も昔は少なく大勢で酒や料理を囲み宴会することが何よりも娯楽だったのです。当然のことながら葬儀も非常に盛大に執り行われるのが一般的でした。一般葬と言って通夜、告別式、食事会を行い、故人をしのびつつ大勢の人と酒を囲み思い出話で暮れるのです。そのため昔は残された遺族が大金をはたき、故人の葬儀を執り行ったのです。また霊園や墓石なども新たに建立する人も多く、葬儀と霊園、墓碑費用で数百万円がかかるのが一般的でした。また故人の意思を尊重した葬儀を行うのが一般的で、遺族はそれに翻弄されることになっていたのです。

今後予測される葬儀について

しかし現代は様々な価値観や信条が見られ、それらが非常に尊重される時代になっています。また固定概念などにとらわれない自由な発想や意思も個性として認められる時代なのです。そうしたことは結婚だけでなく葬儀にも顕著に見ることが出来るようになっているのです。例えば散骨や樹木葬といった葬儀のあり方は、現代社会を非常にあらわしている価値観と言えます。死後もなお決められた墓に入るのではなく、もっと自由でいたいと考える人が多くなっているのです。また墓守や費用の事で遺族に迷惑をかけたくないとして、家族葬を希望する人も非常に多くなっているのです。家族葬は一般葬の四分の一程度で葬儀が出来、家族の負担も少なく故人の最期の愛情表現とも言えるのです。今後は生前葬などの人気も高まることが予測されます。

コストを抑える

お墓が立ち並ぶ

都内にある墓地は非常に高く、一等地であれば墓地だけで数百万円することもあります。また管理をするための料金も高く、都内に墓地を構えることはそれなりの覚悟が必要になります。

Read More

都内の墓地価格

都内の墓地

東京都内のお墓の平均価格(永代使用料+墓石費用)は280万円前後で、全国平均が160万円前後であることから飛びぬけて高い金額です。一番安い県と比較すると2倍以上の差があります。

Read More

This template downloaded form free website templates